障がい者スポーツの学生ボランティアとしての取組み【早稲田大学スポーツ科学部 本間 薫】

早稲田大学スポーツ科学部 本間 薫

ボランティアを始めたきっかけと活動内容

最初は体験したことがない世界に触れてみたいということが始まりでした。

近隣の障がい者スポーツ施設で、ある障がい者サッカーチームがボランティアを募集していることを知り一度見学に行ったところ、その独自のルールや用具、ダイナミックなプレーに面白さを感じ、そのままボランティアとして関わっていきました。

もともと、様々な人が一緒に楽しめるスポーツを実施したいという思いがありました。

ボランティアとして関わっていた障がい者スポーツであれば老若男女、障がいの有無に関わらず、一緒にスポーツを楽しむことができると思い、現在は健常者と障がい者が共にスポーツを楽しめるイベントを企画・運営しています。

ボランティアを始めて、大変だったこと

やはり最初はどのように接すればよいか、触れる時はどのように触れればよいかなどといった、会話の難しさやケアの程度に迷いがありました。

それはもちろん今でも感じる部分ではありますが、打ち解けるにつれ普段友達と接することと何ら変わりはないということに気づきました。

 

障がい者スポーツに関わるにはどんな事が必要

障がい者に関わるからと言って変に気を張らないことでしょうか。

特に障がいに対する知識が低い場合には、障がい者スポーツに関わり何かを始めようと思うとリスクばかりが思い浮かびますが、それは専門家に任せればよいことで。

純粋に新しい世界を体験してみるという気持ちで様々な障がいに触れてみることが重要だと思います。

わからないからこそ多くの人に話を聞いてみることです。

すると今までになかった様々なつながりが生まれ、学生だからこそ必要な人脈を得ることができます。

少しでも障がい者スポーツに関わりたいなと思っている方へ

障がい者スポーツに関わるにあたり、「助けてあげる」という意識を持つ必要は全くありません。

会話をしてみること。一緒に身体を動かしてみること。

それがそのプレーヤーやその競技を支えることにつながります。

選手と共に楽しむことが結果、自分の知識や人脈につながってくると思います。

私は障がい者スポーツに関わるようになってから、自分のやりたいと思っていたことを形にするために動くことができるようになりました。

それは障がい者スポーツがまだまだ発展途上であり、ヒトや新しいコトを必要としているからであると思います。

まずは競技を観に行き、選手と楽しんでみることが重要だと思います。

関連記事

こみゅスポ研究所の活動はFacebookページより配信しています

こみゅスポ研究所へのお問い合わせ

 こみゅスポ研究所では、障がい者スポーツを始めようとする皆様、また障がい者とのコミュニケーションや雇用、就業に関するご支援・ご相談を承っております。  こみゅスポ研究所へのお問い合わせ