発達障害とは?「知的能力障害」と「自閉症スペクトラム障害」への理解とサポート方法

日本リハビリテーション専門学校 助川文子

発達障害とは?

発達障害とは、子育て方法や、家庭環境によって生じるものではなく、先天的な障害です。

今回は多様な発達障害の中から、知的機能と適応機能に障害が生じる『知的能力障害』と、『自閉症スペクトラム障害』について考えます。

知的能力障害

人は、「運動機能」、「言語機能」、「対人・社会性」など、いろいろな領域が相互に影響しあって発達していきます。

この発達期に、定型的な発達と比べ、遅れや違いが生じると、知的機能と、生活に適応していく上で、適応機能に障害が現れます。

自閉症スペクトラム障害

狭義の発達障害、自閉症、アスペルガー症候群、また広汎性発達障害など色々な診断名で現されてきましたが、新しい国際基準であるDSM-5で、その基盤となる特徴から、『自閉症スペクトラム障害』として統合されました。

この障害は、重度な知的能力障害を合併する方から、知的能力障害を伴わない方まで、現れ方に多様性があります。

イギリスの医師Wingがまとめた『自閉症スペクトラム障害』の代表的な特徴3つ

イギリスの医師Wingは、この障害の代表的な特徴を3つにまとめました。

1つは「コミュニケーション」の困難さです。

幼い頃は言葉の遅れを示し、お話ができるようになった場合も、人とのやりとりに困難さが現れます。

次に「対人関係」の困難さです。人間関係を築く上で必要な、他者との共感、適切な距離間がつかめず、一方的になる、緊張しすぎてしまう、また逆に馴れ馴れしくなってしまうことなどが現れます。

最後に「イマジネーション」です。

日本では、「こだわり」と言う方が理解しやすいかもしれません。

「儀式的な行動」と表現されますが、その方なりのこだわりから、決まった行動をしないと活動できない事や、すべき事があっても、切り替えられないといった状態を現します。

また、興味をもつ活動には、強い集中力を示しますが、興味が持てない活動には、まったく関わらないといった、極端な行動としても現れやすいです。

 

こうした特徴から、知的能力障害の程度や、特に幼く経験が少ない時は、状況に適応できないため、情緒的に不安的になり、泣いて混乱してしまうことがあります。

また、1対1でのやりとりや、慣れてリラックスできる家庭内ではあまり問題になりませんが、学校など、年齢相当の社会性を求められ、集団参加が必要な場面や、はじめて経験する活動では、困難さが現れやすくなります。

感覚刺激の影響と、その他の現れやすい特徴

代表的な特徴に加えて、個々に多様な困難さをもつ場合があります。

まず、感覚刺激に対する反応の特徴が、行動に影響すると指摘されています。

例えば、避難訓練のサイレンの音など、予想しなかった場面で、急な警告音が鳴ると異常に驚くなど、感覚刺激に対する「過敏さ」、また、友達に強くぶつかってしまっても、ぶつかったことにすら気がつかない「鈍感さ」などです。

日常生活は多様な感覚刺激で満ちており、うまく選別しながら生活する必要があります。

しかし過敏さをもつ場合は、急な刺激を恐れて不安を感じやすく、鈍感さをもつ場合は、乱暴で粗雑な印象をもたれます。

他に、

  • 睡眠リズムが安定しにくく、昼夜逆転しやすい
  • 注意が分散しやすく、落ち着けない
  • 運動が苦手でぎこちなく、不器用さをもつ

なども現れやすい特徴です。

強い集中力と感覚刺激への対応がサポートのポイント

幼児期から、その気付かれにくい困難さにより、多くの失敗体験をもつ方は多いです。

また、失敗を恐れる気持ちは、人との関わりや、新しい活動に対する挑戦を阻害し、自分ができる活動を繰り返すなど、こだわりを強める場合があります。

他者が気付く特異な行動や、うまく活動できないことには、それぞれ理由があります。

しかし、問題解決方法を模索し、自ら対処することは難しく、良い経験と支援を通して、学習していく必要があります。

まずは、支援者側からこうした困難さに気付き、「参加しやすく、失敗しない活動を選択する」など、弱い部分への支援を検討する視点が重要です。

また、前述した特徴から、通常では気にならない音・光・見え方・温度なども、感覚刺激による不快さから集中できない場合があります。

そのため、例えば「余分な音が反響しないようにする」など、環境調整することも有効です。

また一方で、彼らは興味を持った活動に対して、強い集中力を持っています。

サッカーが好きになったことから、苦手なホイッスルの音や、集団行動に挑戦し、良い経験ができる場合もあります。

こうした「興味を持てる活動」をステップに、他者の支援を得てながら苦手な部分を補い、学習・経験する機会はたくさんあります。

また試行錯誤していく中で見つけた良い方法を、支援者同士・当事者・ご家族と共有することも重要です。

発達障害の支援

参考文献:「DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引き」日本精神神経学会 高橋三郎 大野裕 監訳 医学書院

関連記事

こみゅスポ研究所の活動はFacebookページより配信しています

こみゅスポ研究所へのお問い合わせ

 こみゅスポ研究所では、障がい者スポーツを始めようとする皆様、また障がい者とのコミュニケーションや雇用、就業に関するご支援・ご相談を承っております。  こみゅスポ研究所へのお問い合わせ