ブラインドサッカーとは?ルールや道具と魅力

筑波大学 体育系 研究員 三枝 巧

ブラインドサッカーは視覚障がい者がプレーするサッカーです。

パラリンピックの正式種目であり、一般のフットサルのルールに加えて、いくつかブラインドサッカー独自のルールがあります。

ここでは、ブラインドサッカーのルールや道具、その工夫点、ブラインドサッカーの魅力などについて紹介します。

ブラインドサッカーとは?

視覚障がい者のためのサッカーは二種類あります。

ブラインドサッカー

全盲の選手がプレーします。

ロービジョンフットサル

弱視(視野が欠けたり、ぼやけたりするなど見えにくい状態)の選手がプレーします。

(いずれもゴールキーパー(GK)は目の見える人が努めます。)

ブラインドサッカーのルール

音の出るボール

ブラインドサッカーでは、転がると”カシャカシャ”と音が出る特殊なボールを使用します。

アイマスクを付けたプレイヤーは、ボールの音を聞くことで、ボールの位置を知ることができます。

アイマスクの着用

フィールドプレーヤー4名(GKを除く)は、アイマスクをつけてプレーします。

国内のルールでは、アイマスクをつけて同じ条件にすることで国内大会にも参加でき、目の見える人も弱視の人も共にブラインドサッカーを楽しむことができます。

ボイ!という声

ボイ(Voy)とは、スペイン語で「行くぞ!」という意味です。

ボールを取りに行くプレイヤーは、ボールを持っている相手に向かっていくときに「ボイ!」と声を出さなければなりません。

選手の存在を知らせ、危険な衝突を避けるためのルールです。

ガイド(コーラー)

相手ゴール裏に味方であるガイド(コーラー)と呼ばれる、声で情報を伝える仲間が立ちます。

アイマスクを着用しているフィールドプレイヤーに、ゴールからの距離や角度、シュートのタイミングなどを伝えます。

サイドフェンス

ブラインドサッカーでは、サイドフェンスが設置されています。

ボールがサイドラインを出てしまうことを防いだり、選手がピッチの大きさや向きを把握することの助けとなります。

サポート・リスク管理

国内ルールでは衝突したり、転倒したりした時の頭部の外傷を予防するために、保護用のヘッドギアを装着します。

国際ルールでは、ヘッドギア着用は義務付けられていません。

ブラインドサッカーの魅力

お互いに声を掛け合い、コミュニケーションを深められること、ピッチ上を自分の考えと判断で自由に走って動けることは、ブラインドサッカーの魅力といえます。

児童・生徒を対象にした活動

ブラサカキッズキャンプ(関東では「ブラックロック・ブラサカキッズキャンプ」として実施)

視覚障がいのある小中高生を対象としたスポーツキャンプ。

SMBC日興証券 ブラサカ・キッズトレーニング

小学生・中学生の視覚障がい児を対象とした、ブラインドサッカーの練習会。

フィアットカルチョキッズ ブラサカ・スポーツ探検隊

視覚障がい児がサッカー以外の様々なスポーツを体験するイベント。

 

お問い合わせ先

NPO法人日本ブラインドサッカー協会

〒169-0073 東京都新宿区百人町1-23-7 新宿酒販会館2F

TEL:03-6908-8907

FAX:03-6908-8908

Email:info@b-soccer.jp

 

関連記事

こみゅスポ研究所の活動はFacebookページより配信しています

こみゅスポ研究所へのお問い合わせ

 こみゅスポ研究所では、障がい者スポーツを始めようとする皆様、また障がい者とのコミュニケーションや雇用、就業に関するご支援・ご相談を承っております。  こみゅスポ研究所へのお問い合わせ